メインイメージ画像

子育てを支援することが重要

看護師の人が転職を考えたとき、探し方の基準として勤務シフトがとても重要になるでしょう。2交代制か3交代制か毎日なのかバイトなのかなど目標とする収入との兼ね合いで予め決めておいたほうが良いでしょう。病棟でなければ日勤ということもあるようですが、病棟勤務なら必ず交代勤務が伴うでしょう。さらに2交代の場合と3交代制の場合があり、申し送りその他引き継ぎにかかる手間や1回の勤務時間が異なります。3交代制の場合、1回あたりの勤務時間は短くなりますが、シフトが複雑で体調の管理が厳しい面も考えられます。

日勤や夜勤、休日等のシフト構成や残業がどれくらいあるかなど事前に把握して、転職した後に後悔することのないようにしてください。

看護師が子育て中に働き続けることはいろいろな障害が待ち受けています。なんと言っても家族みんなの協力が必要となります。病棟で常勤として仕事をするには日勤だけということはありません。近所の両親に子供の面倒をみてもらえるのなら現実的と言えますが、両親が近くにいなければ夫も仕事なので子供を任せる事は無理があります。

やむを得ずパートやバイトで我慢している人もたくさんいます。近頃では、大きい医療機関などは院内に託児所を設置して仕事の最中も預かってくれる場所も増えつつあるみたいです。このような自分が望んだ職場を見つけて働けたら申し分ないのですが、その通りにはいかないのが現実です。看護師の不足を解決するためにも子育てを支援することが重要になります。

更新情報